ブログ

monova_leatherproductsdesign_20170915_top
2017年9月15日

レザープロダクトデザイン展、開催中です!

9月7日より、monovaのギャラリースペースで開催している本展。連日来場される方の多くが足を止め、銘々に気に入った製品をご覧になっています!両メーカーとも、monovaの常設のスペースに出展しているメーカーではありますが、今回の展示では、いつも展示しているのとはちょっと違った製品や、人気のシリーズの新製品など、見どころが盛りだくさんです。

絹やは、徳島の特産:藍で染めた革を使った革製品を出品しています。藍染といえば布製品というイメージの方は多いですが、最近は色々なものが染められるようになってきているそうです。革もその一つで、、と言いたいところですが、実は革の藍染というのは、古く昔には行われていたものだったそうです。革に藍染のイメージが無いのは、この技術が途絶えていたから。絹やはこれを見事に復活させ、今や世界からも注目を集めています。

monova_leatherproductsdesign_20170915_1

例えば上の写真の鞄は、ドイツの男性デザイナーがデザインしたものです。藍革(藍染された革)を全面にふんだんに使用しており、藍革の良さが分かる逸品です。濃い、はっきりとしたブルーと淡い青色の革が使われていますが、実はこれはどちらも藍革です。革を藍染めする際、青い色を出すまでに何度も染める作業を繰り返すのですが、その回数によって、蒼の濃度は変わってくるのです。また、革の部位によっても色の入り方は異なり、どれ一つとして同じものはないのが、素敵なところです。

monova_leatherproductsdesign_20170915_2

2色の青のコントラストが美しく、色合いが単調でないところに、職人の手仕事の重みを感じることが出来ます。これを使いこんでいったら、いったいどんな風に色が深まっていくのか、ツヤが出てくるのか…。是非見てみたいものです。

 

一方、こちらの製品はフランスの女性デザイナーによってデザインされたものです。先ほど紹介した製品に比べ、柔らかな印象の製品です。こちらの製品では、絞り染めの技法で染められた藍革を多く使用しています。

monova_leatherproductsdesign_20170915_3

とくに上の写真の絞りは「花絞り」といって、その名の通り花のような柄が出るのが特徴です。花絞りの製品は、従来monovaで見ることができなかったものです。大きい方がクラッチバッグで、小さい方がお財布になっています。クラッチに持ち手があるのは、違和感がありませんが、お財布に持ち手があるのが、とても面白いところ。こうしたデザインに異国を、そして藍染に日本を感じることができるのも楽しいですね。

monova_leatherproductsdesign_20170915_4

また、こちらも新製品ですが、こちらの絞り方のものがいままでもmonovaで見られたものです。革を絞り染めできる、ということも驚きですが、いろいろな絞り方もできるというのは、さらに驚きです!ちなみにこちらの製品はカードスタンドですが、カードをはずして畳んでしまうと、綺麗な円盤に。フランスでは、貰ったカードを飾っておくのだそうです。

monova_leatherproductsdesign_20170915_5

この他、マグネットで組み立てられて、解体すると一枚の板状になるトレイや、藍革で作られたテディベア、藍革を貼った木の小物入れを展示中です。藍に無限の可能性を感じること、間違いなしです。

monova_leatherproductsdesign_20170915_6

こちらの製品やいつもブースに展示している絹やの革製品の縫製を手掛けているのが、同じく四国の香川県のメーカー:ルボア。香川は革手袋の一大産地で、その製法技術を活かした、ユニークな革製品を数多く生み出しています。最近メディアも大注目のメーカーです。

monova_leatherproductsdesign_20170915_7

NHKの『イッピン』で紹介されてから、お問い合わせを数多くいただいているこちらの製品:L BAGも展示中です!そしてこちらは…

monova_leatherproductsdesign_20170915_8

L BAGのシリーズの新作、L TOTEです。持ち手の長さがほどよく、肩から掛けるのにちょうど洋長さになっています。「手でバッグを持つのは重くて疲れる」という方、必見です。余談ですが、先日、使い込んだL BAGを拝見する機会がありました。革特有のツヤと、やわらかい革の、しっとりと熟れた質感が美しい逸品に成長していて、垂涎ものでした。あの光沢はたまりません…!

monova_leatherproductsdesign_20170915_9

さて、L TOTEには、L BAGの様な大きなマチはないものの、上の写真の様に、分厚いものが入ると自然とマチができる構造になっていますので、多少大きいものを入れることになったとしても安心です。

さらに、古今東西の老若男女に人気のhmnyシリーズにも新製品がお目見えです。丈夫さとコンパクトさが同シリーズは、ブラック、ブラウン、ネイビー、グレーの4色がトレードマークですが、今回はカラフルな製品が発表されました。

monova_leatherproductsdesign_20170915_10

写真の製品:キーケースとキーキャップのカラー展開はなんと8色。お気に入りの色が見つかるのは勿論のこと、キーキャップを使い分ければ、良く似た鍵もひと目で見分けることが可能です。小さいながらも、デザイン性と機能性を兼ね備え、ルボアの良さがこもった製品になっています。

また、ご紹介すると良い反応を頂ける製品トップ10には入るであろう製品にも新色が登場しています。

(写真 コンパクト財布)

monova_leatherproductsdesign_20170915_11

二つ入り財布ではない、とっても小さいお財布、コンパクト財布です。今まで一般的にはブラック(裏地:ブルー)のカラーリングのものしか販売されていませんでいた。しかし、この秋からhmnyのおなじみの4色のカラー展開の販売が解禁されました。とてもコンパクトなこのお財布ですが、実は見た目に比べてものすごい収納力の持ち主です。普通の二つ折り財布からこちらのお財布に買い替えた人の話では、「不自由なく使えています」とのことでした。

どちらのメーカーも魅力満点で、文では到底その良さをお伝えしきれません!monovaでは製品を実際にお手に取って頂く事ができますので、どうぞご来場いただいて、2社の革製品の良さを堪能して下さい!お待ちしております。

会期・会場はこちらをご確認下さい↓

会 期 : 2017年9月7日(木)〜2017年9月19日(火)

10:30 – 19:00/最終日は17:00迄 水曜定休 入場無料

会 場 : monova gallery

場 所 :東京都新宿区西新宿3-7-1 リビングデザインセンターOZONE  4階

 

Written by Higashikawa