ギャラリー

過去の展覧会

サカモト吉村展メイン
2013/09/19-2013/10/01

精霊が宿る、とくべつな小家具展

彫刻家・吉村貴子と木工メーカー・サカモトが提案する小家具

 

彫刻家・吉村貴子は、石、ガラス、ブロンズを素材に、大きな公共空間に設置するパブリックアートから、手のひらサイズまで、幅広い作品を制作する作家です。

一方、株式会社サカモトは、創業52年、技能士の集まる埼玉県・飯能の木工所で、ドア、家具、キッチンなどの製作、工事を行っています。地元の良質なスギ・ヒノキ「西川材」を活かした製品づくりは、多くのお客様から賛同を得ています。

今回、monovaを介して2者が出会い、本展示会が実現しました。どちらにも共通して言えるのは、作品・商品が、「静かに語りかけ、自然に寄り添うアイテム」であること。展示では、サカモトがつくる、チェストやドア、ミラーなどの引き手やフック部分に吉村貴子の鋳物彫刻を見ることができます。また、木のカタチと精霊の相談で生まれたかのような西川材を用いたブックエンドや彫刻作品も必見です。

 

◆◆◆monova会期終了後は、サカモトのショールームにて作品をご覧いただけます。◆◆◆

会期:10/10(木)~10/31(木)

会場:ギャラリーショールームノックノック(株式会社サカモト2階)

<会場詳細>http://eco-sakamoto.co.jp/inquiry/showroom.php

営業時間:10:00~18:00/駐車場有

※その他 サカモトのオーダーキッチン、ドアなども多数ご覧いただけます。

 

【吉村貴子 プロフィール】

1962年兵庫県宝塚市生まれ。1986年東京造形大学 造形学部美術学科Ⅱ類卒業・1988年 同校 研究生修了。柔らかなカタチとイメージが特徴的な作風で、屋外をはじめ、マンションや病院、教育機関への作品設置多数。年に数回、個展も精力的に行っている。

http://users.ejnet.ne.jp/~yytakako/index.html

 

【株式会社サカモト 概要】

“森林文化都市”埼玉県飯能(はんのう)市において、木製建具製造業として1961年(S36)に創業。 デザインドアから高級建具や家具まで、ひとつから注文ができる。また、西川材(地域資源:埼玉県産スギ・ヒノキ)など自然素材を使用した住空間全体の提案も行っている。

http://www.eco-sakamoto.co.jp/

 

-開催概要- 精霊が宿る特別な小家具展

会 期 : 2013年9月19日(木)~10月1日(火)

10:30 – 19:00 / 水曜定休 入場無料

会 場 : monova gallery

東京都新宿区西新宿3-7-1 リビングデザインセンターOZONE4階

主 催 :㈱サカモト、吉村貴子 協力 : LLP.プラスディー