ブログ

2018年12月6日

愛媛発・みんなのやさしい座椅子展 の紹介

コロンとかわいいこの座椅子の名前は、愛媛の家具屋、アカトシロの代表作「ゴイチ」です。

5つの機能「座る」・「枕」・「足置き」・「肘かけ」・「うつぶせ」と5つの機能に、好きなタオルを「1枚かける」ことができるので、「5×1」=ゴイチ という名前になりました。

▼タオルをかけるのもとっても簡単です。お好きなフェイスタオルの四隅を穴に入れて、きゅきゅっと引っ張り、ゴムで留めるだけ!

▼このように、いつでも清潔に使うことができますね。

▼約10cmの高さが丁度よく、小さなお子様から、正座やあぐらが辛くなってきた大人までみんなが使える便利な座椅子です。座面が広く、お尻を乗せた時の安定感も抜群ですよ!

座面はさまざまなテキスタイルから選ぶことができます。

▼こちらはベーシック色のゴイチ(オレンジと、黄緑)。ツルッとしたレザータイプと、やわらかな肌触りのスエードタイプがございます。

▼愛媛でテキスタイル作家をしている sun and snow さんとのコラボ商品。「IYOKANゴイチ」
麻100%の生地に瀬戸内海に浮かぶ島々など愛媛の風景が表現されています。

▼SCANDINAVIAN PATTERN COLLECTION(スカンジナビアン柄)
北欧デザイナーによるテキスタイルのコレクションです。北欧の自然や伝統的なパターンをモチーフにデザインされています。

▼nowartt(ノワート)
東京・中目黒にある、グラフィックデザイン会社が立ち上げたテキスタイルブランドのお店「Rab-ics」とのコラボ商品です。
こちらのゴイチは、Rab-ics Store だけでの販売となります。

▼その他にも、本場結城紬などの布を張ったゴイチを展示しています。(こちらは非売品となります)

▼デニムタイプのゴイチ。手前の座面は、玉井さんが実際に着用していた大切なジーンズを張ったものです。35cm×50cmほどの大きさの生地があれば、持ち込みの生地でオリジナルの座面の製作が可能です。(レースや薄手・樹脂コーティングされた生地は張れない場合があります)

▼シンコールやサンゲツの生地のなかから、指定いただいて製作することもできますよ。

ゴイチを作り出したのは、家具屋アカトシロの代表である玉井厚さん。

じつは玉井さん、前職はコンピュータ関連の仕事に就いていましたが、「自分の作ったものを残したい」「形に残る仕事がしたい」とある日思い立ち、家具の世界へ進むことを決心しました。

家具の産地である飛騨高山へ家族で移住し、8年間の家具作りの修行を経て地元・愛媛に帰郷し、2014年に「家具屋アカトシロ」を立ち上げました。

 

アカトシロ・・・、あかとしろ、・・・赤と白。

御祝の席や、運動会などで必ず登場する、気が付いたらよく使っているこの2つの色。

この2色のように、生活の中で、気が付いたら使ってる、使ってた。と思えるようなシンプルで主張しすぎない家具や道具を作りたいという想いを込めてこの屋号になりました。

今回は、代表作であるゴイチを沢山ご紹介していますが、オーダー家具や、その他の製品についてもっと知りたい方は、こちらのHPもご覧ください。

【家具屋アカトシロのHP】 http://akatoshiro.com/

 

ゴイチの展示は、12/11(火)までとなります。

12/9(日)、12/10(月)は、玉井さんが在廊していますので、ぜひお越しくださいね!

Written by Fujimoto