読みもの

2020年4月18日

【レイゾン 株式会社】京都の美学を感じる照明「FEM・FRAME」をご紹介

 

長い歴史と進取の精神に富む、京都ならではの新しい照明をご紹介します。

 

京都ならではの美学と最新の照明技術を交えて

半世紀にわたり、照明器具の開発・製造に取り組んできた照明機器メーカーの新たな事業として独立したレイゾン株式会社は、 “伝統を重んじながら、革新を続ける”京都ならではの美学を統合したプロダクトを展開。最先端の電子制御技術を基盤に、伝統工芸やアートの視点を取り入れ、人々の心を動かす価値ある光を生み出しています。

 

感情を動かす輝きを生み出す

日常生活に欠かせない照明機器。Raysonは、ただ部屋を照らすのではなく、照明から情感を感じられるような価値のある光を追求しています。照明制御技術のノウハウを生かし、光の柔らかな動きを楽しめるよう専用の調光機能を持たせた「FEM」や、和紙を通して日本らしい奥行きのある灯を感じつつ、シャープな輪郭をもつ斬新なデザインへ導いた「FRAME」は、まさにそれを実現させたRaisonの代表作です。

 

▼FEM

手作り風の泡入ガラスで包まれた、シーンに合わせて調光できるLED照明です。半世紀を超える照明制御技術のノウハウを生かし、専用のアプリを使って明暗や光の感覚を調整することができます。最新の調光技術と、球状ガラスカバーの気泡に反射して偶然生まれるあたたかな光の美点を組み合わせることで、これまでにない感動や共鳴を与える光の演出を可能にします。

▼FRAME

日本のあかり文化において、重要な役割を果たしてきた和紙の魅力が活きるランプシェードです。障子を通して入り込むやわらかな光、建具の桟とのコンビネーションで生まれる引き締まる陰影。和紙と鋼線により生まれたシャープな陰影は、障子の魅力を継承し、新しいスタイルで日本の伝統美を表現しています。

和紙のやわらかな光と、シャープな鋼線からなるシンプルなデザインは和室はもちろん洋室にも馴染みます。全国から選りすぐりの3種の和紙 土佐和紙(高知県)/阿波和紙(徳島県)/市川和紙(山梨県)をセレクトしています。

monovaショールームでは、FEMとFRAMEをお近くでご覧いただけます。また、実際の調光の様子や取り付けなどもご説明しておりますので是非お気軽にご相談ください。

==============================

Japan creation space monova
〒163-1062東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー
リビングデザインセンターOZONE4階
tel:03-6279-0688 / fax:03-3344-5808(水曜定休10:30-18:30)

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、2020年4月9日(木)〜営業再開日未定で臨時休館中です。

▶︎お問い合わせ