読みもの

2016年6月20日

織物屋がつくる傘・日傘展のご紹介

先日の訪問レポートでも紹介させて頂いた槙田商店の展覧会が開催中です。創業150年を向える老舗の山梨県の織り物メーカー。先染めの織物の傘生地をはじめ、オリジナルの傘作り、服生地を毎日織り、作り続けています。確かな技術と細やかな手作業に加え、常に新しいことにチャレンジし、作られた槙田商店の傘は、多くの人々を魅了しています。今回、新たなシリーズも加わり、色鮮やかでバラエティに富んだ展覧会となっています!

今までにない新しい試みの<fusion>シリーズ

同じ山梨のアパレルのブランド「frankygrow」との初コラボレーション。ぱっと目に飛び込んでくるシンプルでポップなデザイン、カットジャガードの生地に、ビニールのポケットの異素材を組み合わせ、今までの槙田商店にはないモノづくりです。

カットジャガードの生地は、柄部分以外は織りこまず、浮かしたよこ糸部分を切り取ったもの。柄の縁のギザギザ感がとっても可愛いらしいです!

ポンチョのサイズは、子ども用(S/M/L)、大人はF(フリーサイズ)です。トートバッグのポケットには、濡れた傘が収納出来ます!傘生地で出来ているから撥水&防水加工で雨の日も安心です。

makitablog7

晴雨兼用の日傘は、コンパクトな50cmサイズで、雨の日も晴れの日も親子で楽しめます!雨専用の傘は、素材&色違いで、ひとまわり大きな60cmサイズです。

makitablog8

 

野菜をモチーフにした日傘。<菜sai>のシリーズです!伸縮する糸を織りこんで、伸び縮みする生地は、今までにない素材です。ポコポコした凹凸感や、野菜のやわらかな表情を再現し、傘を閉じた時と開いた時の柄の変化が楽しめます。左から、紫オクラ、えのき、とうもろこし、ニンジンです。手作業の工程が多く、布が縮むので縫製も難しいため、職人泣かせの日傘ですが、大人気です!!

makitablog6

 

雨傘も沢山あります!サテンジャガード生地の光沢と発色が美しい傘。ここまで鮮やかな色の傘はめずらしいですね。雨の日も明るく元気に!おでかけが楽しみになります。同じタイプで折り畳み傘もご用意しています。生地は厚みがありしっかりしていますが、軽くてとても持ちやすいのが嬉しいところ。

makitablog3

種類も沢山ご用意しています!

makitablog4

ぜひ、お気に入りの傘を探しに来てくださいね!槙田商店の訪問レポートもぜひご覧くださいませ!https://www.monova-web.jp/blog-report-20160613-makitashoten/

 

<開催概要>

会期: 2016年6月16日(木)〜6月28日(火) ※水曜定休

時間:10:30~19:00/最終日は17:00まで

会場:monova gallery

東京都新宿区西新宿3-7-1リビングデザインセンターOZONE 4階

 

槙田商店WEBサイト http://www.makita-1866.jp

frankygrowWEBサイト http://frankygrow.com/

written by fujimoto